リストアイコン

TOP



絽と紗の違いについて

図をまじえて詳細に説明いたします。

「絽(ろ)」、「紗(しゃ)」とは夏の着物や僧侶の衣として用いられる織物の名前です。

着物では、主に7月8月の盛夏を中心に、6月から9月ごろまで着るものとされています。

特徴としては、しっかりとした生地でありながら、目(すき間)が開いており、清涼感を感じさせるものです。

まとう側も涼しいだけでなく、その品の良さから周りにも清涼感を与えてくれます。

 

ここでは絽と紗がどのような織物か、どのような特徴があるのかを知って頂きたいと思っています。

 

そもそも、絽と紗って どういう織物

 

一般的な織物との違いは、生地に目があいていて清涼感を感じさせるものであることです。

では、この目が開いている部分、どうやっているのでしょうか?

よこ糸の感覚を粗くしているのでしょうか?

いえいえ、絽と紗は違うのです。

 

絽と紗は、からみ織(もじり織)という織り方で、隙間をあけているのです。

まず、紗の組織図をみてください。

 

からみ織は、となりあうたて糸をからまさせて、よこ糸をいれる織り方です。

よこ糸を一本いれては、たて糸をねじり、よこ糸を一本いれては、今度はねじり戻し・・としていきます。

 

 

ねじるとどうなるの?

 

隙間があきます。そして、糸がずれずらくなります。

 

もしお近くに目の粗い織物などがあったら見てみてください。(例えば、ガーゼとか)

糸が不均一に並んでいますし、さわると簡単に目がずれます。

これは、一般的な平織(ひらおり)という織り方で、糸どおしの感覚を粗くしているだけなのです。

 

からみ織は、たて糸をねじって、よこ糸を上下から挟み込んで動きづらくしています。そして、ねじった部分は糸がつまらないため隙間があきます。

 

隙間が均一に開いているのは、よこ糸の感覚を調整して隙間をあけているのではありません。たて糸をねじっている部分には、よこ糸がつまらないので、隙間になってしまうのです。

実際の拡大写真をつけます。

ねじっている部分が邪魔して、よこ糸どうしがくっつかなくなっているのです。

 

今度は絽の組織図を見てください。

絽は一定の感覚で目が開いた織物です。

紗との違いは、その隙間が一定の間隔でできるというものです。

絽は、上記組織図のように途中に平織という平らな部分をいれています。

 

 

紗はよこ糸一本ごとに、たて糸をねじるのに対し、絽は、一回ねじってから、途中に平織をいれ、またねじります。ねじる間隔の違いで、絽と紗に分かれます。

 

 

 

なぜ、絽は途中に平らな部分をつくるの?

 

これは、細かい柄を描けるようにするためと思われます。

諸説あるようですが、紗は平安時代に生まれた織物と言われています。その後、江戸時代に染色技術が発展した時に、紗は精緻な柄を美しく染めるのがむずかしく、途中に平織りをいれた絽が生まれ、絽が留袖、訪問着、付下げ、小紋といった正装にも使われる夏の定番になったとされます。

着物では紋を入れるなどフォーマルの席に多く用いられ、絽目の整然さが凛とした美しさをうみます。

 

 

  夏の正装着にも使われる、夏物生地の王道。

 

 

紗 透明感と清涼感に溢れる。 

 

おさらい

絽と紗の良いところ
・目が開いている織物のため、風通しがよく涼しい、薄く・軽い。
・見た目にも涼しいので、 周りの方へも清涼感を与える。
・たて糸を絡めることで、よこ糸を抑え込むので、目ずれしづらい。